FCユトレヒトサポ日記 〜Zij aan zij FC UTRECHT〜

年間パスホルダー6年目。愛するサッカークラブ、FCユトレヒトについて。たまにガジェットやオランダでの生活の事をゆるりと。

大一番

11月5日にアムステルダムで行われるアヤックス対FCユトレヒトの試合。

 

ユトレヒトにとっては重要な試合なんだけど、敵地へ乗り込むのは190人ほどとか。

 

ちょっと寂しい数字。

 

ユトレヒトに駐在し出した2011年のホームでのアヤックス戦の盛り上がりが忘れられない。

 

6ー4という壮絶な撃ち合いをユトレヒトが制した伝説の試合。

 

最近バーンアウト気味のユトレヒトだけど、この試合をきっかけに再浮上してほしいね!

 

Come on Utreg!!!!! UUUUUUUUUUU!

 

久しぶり

先日、Blackberry Keyoneを購入したのを気に久しぶりに更新。

 

更新をサボっている間にオランダから帰国。

 

それでも当然ユトレヒトは応援してますよ!

 

この記事も電車の中で更新してます。

 

ぼちぼちいきます。

 

 

 

あなたの知らないアウェイスタンドの世界 〜エールディヴィジ編・序〜

こんにちは。Kazujacksです。

 

先月5日よりエールディヴィジ2016-2017シーズンが始まりました。

昨シーズンの主力選手をどんどん引き抜かれていくFCユトレヒトですが、

若手選手や新加入選手を中心に再びチームを上位に導く事が出来るか、テン・ハフ監督の手腕に注目です。

 

エールディヴィジにおける日本人選手の活躍により、最近では多くの日本人観光客をオランダの

スタジアムで見かけるようになりました。勿論、日本人選手の所属有無により、その確率は

大きく変わってきますが。

 

エールディヴィジはフーリガン対策もあり(空席があるにも関わらず)、

欧州でもチケット入手が比較的難しいリーグの一つです。

他のチームの状況は詳しくはないのですが、FCユトレヒトでは対戦カード

(対アヤックス、PSV、フェイエノールト戦など)によって、

クラブカードを持たない人は、正規ルートではチケット購入出来ない仕組みになっています。

 

それでも日本人選手を応援に、日本からいらっしゃる方々を時々見られるようになってきたので、

チームによっては条件を緩めたり、臨機応変に対応しているチームがあるのかも知れませんね。

 

応援しているチームのホームでの試合観戦ですらこんな感じなので、

贔屓チームのアウェイゲームを観戦する場合は、

多くの方が対戦相手のホームサポーターが陣取るスタンドのチケットを購入し、

ホームサポーターに混じって、静かに心の中で贔屓チームや選手を応援する事になると思います。

 

残念ながら、Jリーグのようにオランダでのアウェイゲームはビジターチームのファンにとって、

気軽に観に行ける場所ではありません。ビジターチームのサポーターの安全確保の為、

チケットは前売りのみで、写真入りのアウェイゲーム観戦者用のカードを作らなければ

ならないのが通常です。

FCユトレヒトの場合、私の場合オランダ居住者のみしか登録出来ませんでした。

さらに、対戦カードによっては本拠地から敵地までバス移動を強いられ、

長時間拘束されることも。これは旅行者には厳しいですね。

 

このシリーズ(続くのか!?)では、そんなエールディヴィジのアウェイスタンドの世界を、

ユトレヒトというチームを通して紹介できればと思います。

 

今季はすでにヘーレンフェーン、フィテッセ、ズヴォレの3チームとのアウェイゲームを

終わっていますので、3チーム分のネタがありますが…なにぶん面倒くさがりなので、

ぼちぼち更新していきます。

 

長い目で見ていただければ、幸いです。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160821181913j:image

ヘーレンフェーンのアウェイサポーター専用駐車場からスタジアムへと向かう道にて。

ウォーキングデッド三昧

エールディヴィジ(サッカー)の無いこの時期、はまっているものと言えば、世界中で人気のある『ザ・ウォーキング・デッド』(The Walking Dead)。いわゆるゾンビ物だけど、これまでの文明社会が崩壊した後の人間性、感情などをリアルに描いていて、とても面白い。最初こそゾンビが怖かったけど、今は人間が一番怖いと思うようになった。

 

遅まきながら昨秋ぐらいから見始め、ドラマ版はシーズン6まで作られていて、それについては先日見終わりました。今は現在鋭意制作中のシーズン7待ち。

 

ドラマ版については『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』 (Fear the Walking Dead)と言うスピンオフ版が出ていて、それは今ゆっくり見てるところ。

 

先日日本に一時帰国した際に、コミック版を購入。このコミック版はドラマ版と微妙に人物やストーリーが異なっており、別物として楽しめて面白い。一冊あたりの単価はいい値段だし、何といっても重いんだけど、とても読み応えがあるのでオススメ。

 

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッド

 

 

とても面白く、年末の帰国まで待てないので、

先日第2巻をアマゾンで購入し、オランダまで送ってもらった。 

関係ないけど、このアマゾンの海外発送サービス、初めて利用したけど、

とても便利ですね。もちろん送料は余分にかかるし、関税もかかるんだけど、

どうしても必要であればいつでも購入できるってのはありがたい。

 

で、最後はPS4/PS3で発売中のアドベンチャーゲームのウォーキングデッド。すでにアラフォーになり、反射神経や集中力の衰えからゲームなんぞ出来なくなってきた私でも、簡単操作で進めるので楽しめてます。コミックともドラマともリンクしていないけど、同じ世界観で進むストーリーにはまっちゃいました。

 

ウォーキング・デッド 【CEROレーティング「Z」】

ウォーキング・デッド 【CEROレーティング「Z」】

 

 

というわけで、ウォーキングデッド三昧の日々を過ごしてますが、

ゲームとはいえ、人の生死を目の当たりにしたり、決断しなくてはならないのは、気が滅入りますので、やり過ぎにはご注意を。

 

というわけで、今夜はゲームはやめてバラエティを見たり、明るいドラマを見たり

することにします。

 

おしまい。

オランダ生まれのお洒落なポータブルスピーカーRockbox購入!

先日、オランダで人気のポータブルスピーカー「Rockbox Fold」を購入しました。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160618172105j:image

おしゃれなケースに入っていて、このカバー付きが人気みたい。

色は水色、深緑、ピンク、グレイ、紺色の5種類ありました。

ちなみに私が選んだの紺色のもの。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160618172242j:image

カバーを外し、本体を取り出すと、底には付属品が。

付属品はUSBケーブル、3.5mmジャック、説明書。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160618172119j:image

本体を取り出したところ。片手で持てるサイズです。

サイズは175×67×25 ㎜、重さ396g。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160618172129j:image

全面カバーを開くと、各ボタンが光ります。カバーを閉じるとオフに。

Bluetooth 4.0に対応、3.5mmジャックでも繋げます。

私は普段Bluetoothで、iPhoneとRockboxを繋いで、iThunesやSpotifyを流してます。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160618172308j:image

本体裏面。左からメインスイッチ、最初にBluetooth接続する為のボタン、充電用のmicroUSB(4000mAh、5V/1A)、携帯を充電出来るUSBソケット、3.5mmジャック、イヤホンソケット。

 

「Rockbox Fold」の出力スピーカーは2 x 5Wなので、音質がめちゃくちゃ良い訳ではありませんが、

部屋で軽く流したり、外でBBQする時のバックミュージックには充分。これからの季節に活躍してくれそうです。

 

メーカーサイトによると連続20時間再生可能との事なので、一回充電すれば数日持ちます。

 

オランダのデザインのこのスピーカー、購入したばかりだけど気に入ってます。

FCユトレヒト2016−2017シーズン日程(コンセプト)発表!

こんばんは。

世間的にはユーロで盛り上がってるんでしょうが、

私的には本日発表された来季の日程(コンセプト)に夢中です。

これで来季の予定も立てれますね。

開幕戦は、いきなり現王者PSVとのホームゲームから。

開幕直後なのでまだグダグダのチャンピオンだと良いんだけど。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160615185123j:image

 

個人的には020戦のホーム&アウェイ、来年1/14に開催されるスパルタ・ロッテルダムとの

アウェイゲームが特に楽しみです。スパルタ・ロッテルダムのスタジアムは初訪問なので。

 

2016年
1節 8/6(土)  FC Utrecht   -   PSV
2節 8/12 (金)sc Heerenveen - FC Utrecht
3節 8/21(土)FC Utrecht - AZ
4節 8/26(金)Vitesse - FC Utrecht
5節 9/11(日)PEC Zwolle - FC Utrecht
6節 9/16(金)  FC Utrecht - FC Groningen
7節 9/25(日) FC Utrecht - Sparta Rotterdam
8節 10/2(日)  Ajax - FC Utrecht
9節 10/15(土)  FC Utrecht - Go Ahead Eagles
10節 10/22(土)  Willem II - FC Utrecht
11節 10/30(日) FC Utrecht - NEC
12節 11/6(日) FC Utrecht - Excelsior
13節 11/20(日)  Gra/Twe - FC Utrecht
14節 11/27(日) FC Utrecht - Feyenoord
15節 12/4(日) ADO Den Haag - FC Utrecht
16節 12/11(日) FC Utrecht - Heracles Almelo
17節 12/17(土) Roda JC Kerkrade - FC Utrecht

 

2017年
18節 1/14(土)Sparta Rotterdam - FC Utrecht
19節 1/22(日) FC Utrecht - Ajax
20節 1/28(土) Go Ahead Eagles - FC Utrecht
21節 2/5(日) FC Utrecht - sc Heerenveen
22節 2/12(日) PSV - FC Utrecht
23節 2/18(土) FC Utrecht - PEC Zwolle
24節 2/25(土) FC Groningen - FC Utrecht
25節 3/5(日) FC Utrecht - ADO Den Haag
26節 3/11(土) Heracles Almelo - FC Utrecht
27節 3/18(土) NEC - FC Utrecht
28節 4/1(土) FC Utrecht - Willem II
29節 4/4(火) Excelsior - FC Utrecht
30節 4/9(日) FC Utrecht - Gra/Twe
31節 4/16(日) Feyenoord - FC Utrecht
32節 4/23(日) FC Utrecht - Roda JC Kerkrade
33節 5/7(日) FC Utrecht - Vitesse
34節 5/14(日) AZ - FC Utrecht

 

今季の試合開催曜日を曜日別に分けると、

金曜開催の試合、ホーム1試合、アウェイ2試合。

土曜開催の試合、ホーム5試合、アウェイ7試合。

日曜開催の試合、ホーム11試合、アウェイ7試合。

平日(火曜)開催の試合、アウェイ1試合と。

ホームの試合も数年前は日曜ばっかりだったけど、最近は土曜開催も少し増えたね。

 

いずにれせよ、今季も楽しみです。後、今年こそベーカー獲りたいっス。

 

では、また。

 

※あまり売り切れる事のないユトレヒトのホームゲームですが、観戦したいという方は何でもご相談くださいね。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160615185154j:image

 

FCユトレヒト2015-16シーズン印象に残ったゴールベスト5

5月8日をもって終了した2015-16シーズン、ユトレヒトの最終順位は5位。2014-15シーズンが11位だったので、テン・ハフ新監督1年目は上々のシーズンだったと言えます。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160612185210p:plain

*1

 

ユトレヒトを応援しだして5シーズン目の今季は、プレシーズン、リーグ戦、カップ戦、プレーオフそしてヨング(リザーブ)の試合を合わせて、FCユトレヒトのゲームを49試合スタジアムで観戦。そんな私が印象に残ったシーンを5つ挙げてみます。

 

まずは5位から。5位には8月29日に行われたエールディヴィジ第4節、FCユトレヒト対FCフローニンヘン戦から。今季初勝利となったこの試合、前半に先制しながら追加点を取れず、前節ADO戦に引き続き、追いつかれる可能性もあった中、この試合熱いフェロモン出しまくりだったDFのLetschertが、試合終盤するするとオーバーラップし、ハレールのアシストから、ゴールをぶち込んで試合を決定づけたシーン。レッチェルトの熱い想いが伝わって来る良いゴールでしたね。

 

8/29 FCユトレヒト 2−0 FCフローニンヘン

1:0 29' Ramselaar

2:0 90' Letschert

 

 4位は、エールディビジ第14節のFCユトレヒト対ヘラクレス戦から。この試合はユトレヒトのレジェンド、デイビッド・ディ・トマーゾさん追悼記念試合で、特別ユニフォームを着用した試合だったんですね。

こういう重要な試合では滅法強いユトレヒトでしたが、前半はボロボロ。先制された上に、コンボイが2枚目のイエローで退場して後半を10人で戦う羽目に。後半見事に立て直して逆転勝利を収めるわけですが、その逆転ゴールとなったバラジテの2点目の得点シーンは興奮しましたねえ。ゴールを決めた後のバラジテのパフォーマンス見てると胸が熱くなりました。結局その後一旦同点にされるのですが、ハレールの2ゴールで再び勝ち越して、後半10人のユトレヒトが見事に勝利した試合でした。

ちなみにバラジテの1点目もユトレヒトらしからぬ見事なパス交換から生まれたゴールです。

 

11/29 FCユトレヒト 4−2 ヘラクレス

0:1 40' Hassani

1:1 60' Barazite

2:1 64' Barazite

2:2 74' Tannane

3:2 84' Haller

4:2 87' Haller

 

 

3位は因縁の一戦、ユトレヒト対アヤックスから。昨シーズンの両チームの対戦カードでの諸問題への制裁により、今シーズンの両チームの試合にはアウェイサポーターが入れず、またこの試合にはユトレヒトのコアサポーターが集まるBunnik Side が閉鎖されたため、いつもより静かな声援となったこのカードですが、試合の方は最後にドラマが待ってました。87分、ハレールがポストプレーでヨーステン、更にラムセラールへと渡り、そして後ろから走り込んできたアユープにパス!そしてそれをダイレクトでアユーピーが決めて決勝ゴール。やっぱり020(アヤックスのことね)には滅法強い、ユトレヒトを見せてくれました。

 

12/ 13 FCユトレヒト 1−0 アヤックス

1:0 87' Ayoub


Highlights FC Utrecht - Ajax

 

2位はベーカー決勝、フェイエノールト対ユトレヒトから。5年目にして初めて経験するオランダ、国内カップ決勝の舞台。試合前から普段のリーグ戦とは違う雰囲気があって、楽しかったですね。会場のデ・カイプは普段はフェイエノールトのホームグラウンドですが、この日は半分はユトレヒトサポーター専用エリアとなって、ユトレヒトから来たDJやミュージシャンが来て、試合開始前を盛り上げていました。ユトレヒトからも250台以上のバスが出て、応援に駆けつけましたが、結果はご存知の通り1−2で敗れ、優勝はなりませんでした。

 2位に挙げたシーンは、51分にセットプレーの流れからLeeuwinがハーフボレーで決めたゴール。この瞬間は今季一番叫びました。下記のハイライトでもゴールシーンだけは何回も見直してますw

 

4/24 KNVB Baker Final

42' 1:0 Kramer

51' 1:1 Leeuwin

75' 2:1 Elia 

 


Samenvatting Feyenoord - FC Utrecht 2-1, KNVB bekerfinale 2015/16

 

1位はベーカー準々決勝、PSV対ユトレヒト。これは1ゴールシーンでなくて、1試合通じて今季のベストシーンですね。今シーズン2連覇の果たした王者PSV相手に20数年ぶりの敵地アイントホーフェンでの勝利。正直試合前は勝てると思っていなかったので、選手もサポーターも試合後は喜びを爆発させていました。

 

2/4 KNVB Baker Quarter-final

PSV - FCユトレヒト

0:1 32' Ramselaar

0:2 41' Haller

0:3 58' Ramselaar

1:3 74' Leeuwin (own goal)

 

 

 

後、次点としてもう1シーン挙げると、敵地アクルマールでのAZとの試合で、ボイマンスが長い怪我から復帰していきなり、逆転ゴールをたたき込んだシーンですね。この瞬間は泣けました。そのボイマンスも中東への移籍が確実視されています。ファンからも絶大な人気があった選手だけに、この移籍は正直寂しいですね。

 

他にもホームでのベーカー戦延長戦の激闘、更にリーグ戦アウェイでの快勝と今季は相性が良かったフローニンヘン戦、勝てなかったけど同じく敵地でのアヤックス戦(一時0−2とリード)など、色々と印象深いシーンが数多くありました。今季はヨーロッパリーグに参加できる3回のチャンスがあり、3回とも逃してしまいましたが、楽しませてもらった良いシーズンでした。順位の安定しないユトレヒトを、2年目のテン・ハフ監督がどう仕上げてくるか、本当に楽しみです。リーグ優勝とは言わないけど、もう一度ベーカー決勝まで連れて行って欲しいな。

 

尚、FCユトレヒトの2016-17シーズンは、今月28日に予定されているプレシーズンマッチからスタートです。 

*1: iOSアプリ「TLS Football」から。