読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FCユトレヒトサポ日記 〜Zij aan zij FC UTRECHT〜

年間パスホルダー6年目。愛するサッカークラブ、FCユトレヒトについて。たまにガジェットやオランダでの生活の事をゆるりと。

あなたの知らないアウェイスタンドの世界 〜エールディヴィジ編・序〜

こんにちは。Kazujacksです。

 

先月5日よりエールディヴィジ2016-2017シーズンが始まりました。

昨シーズンの主力選手をどんどん引き抜かれていくFCユトレヒトですが、

若手選手や新加入選手を中心に再びチームを上位に導く事が出来るか、テン・ハフ監督の手腕に注目です。

 

エールディヴィジにおける日本人選手の活躍により、最近では多くの日本人観光客をオランダの

スタジアムで見かけるようになりました。勿論、日本人選手の所属有無により、その確率は

大きく変わってきますが。

 

エールディヴィジはフーリガン対策もあり(空席があるにも関わらず)、

欧州でもチケット入手が比較的難しいリーグの一つです。

他のチームの状況は詳しくはないのですが、FCユトレヒトでは対戦カード

(対アヤックス、PSV、フェイエノールト戦など)によって、

クラブカードを持たない人は、正規ルートではチケット購入出来ない仕組みになっています。

 

それでも日本人選手を応援に、日本からいらっしゃる方々を時々見られるようになってきたので、

チームによっては条件を緩めたり、臨機応変に対応しているチームがあるのかも知れませんね。

 

応援しているチームのホームでの試合観戦ですらこんな感じなので、

贔屓チームのアウェイゲームを観戦する場合は、

多くの方が対戦相手のホームサポーターが陣取るスタンドのチケットを購入し、

ホームサポーターに混じって、静かに心の中で贔屓チームや選手を応援する事になると思います。

 

残念ながら、Jリーグのようにオランダでのアウェイゲームはビジターチームのファンにとって、

気軽に観に行ける場所ではありません。ビジターチームのサポーターの安全確保の為、

チケットは前売りのみで、写真入りのアウェイゲーム観戦者用のカードを作らなければ

ならないのが通常です。

FCユトレヒトの場合、私の場合オランダ居住者のみしか登録出来ませんでした。

さらに、対戦カードによっては本拠地から敵地までバス移動を強いられ、

長時間拘束されることも。これは旅行者には厳しいですね。

 

このシリーズ(続くのか!?)では、そんなエールディヴィジのアウェイスタンドの世界を、

ユトレヒトというチームを通して紹介できればと思います。

 

今季はすでにヘーレンフェーン、フィテッセ、ズヴォレの3チームとのアウェイゲームを

終わっていますので、3チーム分のネタがありますが…なにぶん面倒くさがりなので、

ぼちぼち更新していきます。

 

長い目で見ていただければ、幸いです。

 

f:id:Kaz_Utreg:20160821181913j:image

ヘーレンフェーンのアウェイサポーター専用駐車場からスタジアムへと向かう道にて。